さいたま新都心・与野で歯医者をお探しなら、さいたま新都心ミタス歯科

平日:9:30~19:00 土曜:9:30~18:00 休診日:水・日・祝日 駐車場3台完備、駐輪スペースあり

さいたま新都心ミタス歯科

診療についてMEDICAL INFO

当院が取り組む虫歯治療のこだわりCARIES TREATMENT

❶麻酔の痛みをできる限り少なく
❷歯をなるべく削らない
結果、歯をできる限り長く残す


❶麻酔の痛みをできる限り少なくPOINT.01

虫歯治療を受けるとなると、多くの方は憂鬱な気持ちになると思います。

その主な原因は過去に歯医者での『痛かった経験』があるからではないでしょうか。

近年は歯科医療も発展し、麻酔注射の痛みを極力抑えた形で行うことができるようになってきています。
当院の痛みをできる限り少なく抑える麻酔の取り組みについてご紹介します。


ポイント1.「麻酔の知識・技術」

ミタス歯科の院長は大学病院時代に麻酔に関して専門的に貴重な経験をたくさんさせていただきました。この経験は大変勉強になり医局でお世話になった先生方にはとても感謝しています。この時得た専門的な知識と技術を地域の皆様に還元するべく、できる限り痛みを少なく、よく効く麻酔を提供できるよう心がけています。


ポイント2.「表面麻酔」の実施

多くの方が最も苦手とするのは、麻酔を注射する時の痛みです。
しかしこの痛みも、前もって注射をするところに表面麻酔の薬をよく塗ることで注射の痛みをかなり抑えることができます。 表面麻酔は痛みを抑える上でとても重要なステップになります。
当院では麻酔注射前に表面麻酔を必ず実施しています。

「表面麻酔」の実施

ポイント3.「なるべく細い針」を使用

一般的に針が細ければ細いほど痛みを感じる神経を刺激する可能性が低くなり痛みを抑えられると言われています。 当院では通常の太さより細い針を積極的に使い、優しく注射することで痛みを抑えます。

「なるべく細い針」を使用

ポイント4「麻酔薬を温めて使用」

麻酔注射の液ですが、当院では体温に近い温度に調整して使用しています。冷たい飲み物を一気に飲むとお腹が冷えます、同様に麻酔薬を冷たいまま使用すると、それだけで刺激になり、痛みを増幅させてしまう可能性があるからです。

麻酔薬を温めて使用

❷歯をなるべく削らないための取り組みPOINT.02

MIという言葉があります。
Minimal Interventionの略で訳すと『最小の侵襲』という意味です。
歯科の治療、特に歯を削る行為が伴う虫歯治療においてはこのMIの考え方が近年では普及してきております。
歯は皮膚などと違い、一度削ってしまえば元に戻ることはありません。そして治療を重ねるごとに歯の寿命は短くなります。
当院ではMIの考え方に沿って歯をなるべく削ることなく虫歯を治療できるよう取り組んでいます。
ここではその取り組みを一部ご紹介いたします。


取り組み1.「薬液」を用いて虫歯をしっかり判別

「う蝕検知液」という薬液があります。これは虫歯の部分だけを赤や青色などに染めることができるものです。

使用前

使用前

使用後

使用後

虫歯治療は虫歯によってやわらかくなってしまった部分を取り除きその後、詰め物や被せ物をすることになります。重要なポイントは虫歯の部分(やわらくなった部分)を完全に取り除くことですがその判別は見た目や器具で触れた感覚のみでは、わかりづらいところがあります。そこでこのう蝕検知液を使用して虫歯のみを赤や青色に染めだして除去します。この方法で、健康な歯をなるべく削らずに虫歯のみを除去することができます。


取り組み2.できるだけ「小さな器具」を使用

当院では、歯を削る量を少なくする方法として、通常より小さいサイズの切削器具を選んで使用しています。歯を削るドリルには大小様々な種類があります。極力小さいドリルを使用することで、手間と時間はかかりますが無駄に健康な部分まで削ってしまうことを少なく抑えることができます。
またドリルのみではなくスプーンエキスカベーターという器具も使用しています。持ち手や先端が小さいためドリルの届きにくい場所まで健康な歯をできるだけ失うことなく、虫歯の部分を除去します。
MIの考え方に則り、様々な器具を利用した虫歯治療を実践して、歯の寿命を少しでも長くできるよう取り組んでいます。

できるだけ「小さな器具」を使用

診療科目MEDICAL INFO

患者さんの症状やご要望に幅広くお応えできるよう、さまざまな治療法を導入しております。
ご不明な点がありましたら、お気軽にお電話、もしくは来院の際、医師に直接お訪ねください。

無料相談