🔸2024年4月1日〜診療時間変更のお知らせ🔸

🔹2024年4月1日〜診療時間変更のお知らせ🔹

当院では、より安心・安全な医療体制を継続的にご提供ができるよう、人員確保を目的とした働き方改革を行なっております。
そのため診療時間の短縮をおこない、9:00〜17:00(午前9:00〜13:00 午後14:00〜17:00)までとさせていただきます。
大変ご迷惑をお掛けいたしますが、ご理解ご協力のほど宜しくお願い申し上げます。

さいたま新都心ミタス歯科

〒330-0071 埼玉県さいたま市浦和区上木崎2丁目5-2/TEL : 048-822-8500/JR京浜東北線与野駅より徒歩5分/JR京浜東北線さいたま新都心駅より徒歩9分/駐車場3台完備、駐輪スペースあり/ロイヤルホスト与野店そば

🦊矯正日記⑦🦊

こんにちは🌸

さいたま新都心ミタス歯科患者様サポーターの桐野です❣️

前回からは特に大きな変化もなく、

大きく歯を動かしていることもないので、痛みも気にならなくなってきました😳

クリーニングも定期的に通っているので着色も気にならなくなってきました✌🏻‎🤍

歯が白いってやっぱり気持ちがいいですね🌻

そして前回から2回経ったの矯正調整の日、、、

いつも通り衛生士さんの作業が終わり、「今日も終わった〜!」と思っていたら、先生から相談が🧑🏻‍⚕️

なんと、矯正が終盤にきているそう…😳

嬉しい……!!😳笑

このまま調整を続けて矯正終了!か、

正中(上下前歯の真ん中)がズレているので先生が理想とする歯並び、噛み合わせにするためにはアンカースクリューをしたいとのことでした。

完璧を求めるならしましょうという提案でした。

アンカースクリューとは歯茎にネジのようなものを打ち込み、引っ張りたい方にゴムをかけて少しづつ引っ張ることになり、歯を動かくことが可能になることです☺️

アンカースクリューという言葉を聞いたことがある方は怖いイメージの方が多いかもしれません。。

私もネットで見た時だけの時はそうでした🤣

「えっ、もう終われる…!」vs「歯茎に穴をあけて入れ込むって…怖い😢しなくていいならしたくない…!😢」

と、葛藤がありました🤣

(絶対しなくちゃだめと言われたらすると思いますが、選択肢があって、優柔不断の怖がりで。笑)

悩みましたが…

高いお金払ってしている矯正…

やるだけやろう❣️❣️

と、することを決意😳😳

もともと矯正始まる前の検査結果の時に、するかしなくていいか、歯が動いてから必要があったらしましょう。と説明もあったので心の準備も出来てました!!

(出来てた…かな?笑)

それからはYouTubeやネットで、してる人の動画を見たり…

痛いと言ってる方、痛くないと言っている方みなさん様々🤣🤣

何本もやっている方を拝見したので、私も頑張ろうと意気込みました✊🏻

先生にも、「意外と痛くないよ。」と言われたので信じます…🙏

麻酔もしっかりして頂けるようなので安心です✨

 

次回は…アンカースクリューをする!?!?

どのようになったか、また次回お話させてください🌼*・

 

さいたま新都心ミタス歯科

〒330-0071 埼玉県さいたま市浦和区上木崎2丁目5-2/TEL : 048-822-8500/JR京浜東北線与野駅より徒歩5分/JR京浜東北線さいたま新都心駅より徒歩9分/駐車場3台完備、駐輪スペースあり/ロイヤルホスト与野店そば

セラミック治療とは❓

 

さいたま新都心駅近くにある歯医者 さいたま新都心ミタス歯科 院長の大島です。今回はセラミック治療について皆さまにお伝えしたいことがございます。セラミック治療に興味があるかたはぜひ最後までご覧ください✨

1. セラミック治療について

セラミック治療は、お口の中の金属をなくし、体に負担をかけない素材(セラミック)を使用して歯を保つ方法です。全く金属を使用しないので、金属アレルギーを持つ方でも安心して治療を受けることができます。

金属を使用して歯を治療すると、見た目が悪くなりがちです。現在の日本の歯科保険診療では、「金銀パラジウム合金」や「銀合金」などの金属が冠や詰め物に使われています。しかし、これらの金属は年数が経つと歯の根元に黒いラインが見えてきたり、再度虫歯になりやすくなる問題があります。

一方で、セラミックを使用した治療は、仕上がりが自然な歯にとてもよく似ており、治療したかどうかがほとんど分からない程度になります。そのため、特に前歯の治療によく用いられます。口を開ける際に不快感を感じている人や、自然な白い歯を手に入れたい人に特にお勧めの治療法です。

近年世界的に見ても金属を使わない、いわゆる「メタルフリー」な治療が盛んになってきています。理由の一つとしてジルコニアと呼ばれる高強度のセラミックが開発され広まってきたことがあります。ジルコニアの登場で奥歯のセラミック治療でもかける心配が極端に少なくなってきました。もちろん日本でもジルコニアを使ったセラミック治療を望む患者さんの数は急増しており、当院でも患者さんの口腔の状況に合わせてご提案しています。

2. セラミック治療の優れた点

セラミック治療は天然の歯とそっくりな見た目、金属アレルギー(かゆみや発疹)の発生しないこと、金属を一切使用しないため歯茎の黒ずみがないことなどの特徴があります。

3. セラミック素材の特性

かつてのセラミック治療は強度の問題で金属の下地にセラミックを焼き付けて仕上げるタイプが主流でした。しかしそれだと金属を使用するため、アレルギーや見た目の点でデメリットがありました。

近年使われているセラミックは、ジルコニアに代表される優れた耐久性を備えた高強度の歯科材料で、下地に金属を使わずセラミックのみで仕上げることができるようになりました。またジルコニアには撥水効果(水を弾く効果)があり、汚れがほとんどつきません。ちょうどワックスがけをしたばかりの車のような状態がずっと続きます。

セラミックの一番の魅力は、天然の歯に近い色調を再現できる点です。金属にプラスティックを貼り付けた保険適応被せ物は治療部分が目立つのに対し、セラミックは自然な歯に非常に近い色調を再現します。

さらに、セラミックは変色や黄ばみ、臭いの付着がありません。プラスティック製のレジンとは異なり、時間が経っても色の変化がほとんどありません。金属と比較しても高い安定性を持ち合わせているため、歯茎や歯が黒ずむことがありません。

当院では、患者様のどんな小さな不安・疑問にお答えするため、カウンセリングに力を入れております。治療について、ご質問などありましたらどんな小さなことでもお問合せください。安心して通院いただけるよう、最大限対応させていただきます。

さいたま新都心ミタス歯科 院長大島正充

〒330-0071 埼玉県さいたま市浦和区上木崎2丁目5-2/TEL : 048-822-8500/JR京浜東北線与野駅より徒歩5分/JR京浜東北線さいたま新都心駅より徒歩9分/駐車場3台完備、駐輪スペースあり/ロイヤルホスト与野店そば

入れ歯からインプラントへ変えることはできるのか❓

入れ歯からインプラントへ変えることはできるのか?そのメリット・デメリット、そして治療の流れを分かりやすく説明します🧐✨

さいたま新都心駅近くにある歯医者 さいたま新都心ミタス歯科 院長の大島です。私は日本口腔インプラント学会 認定インプラント専門医を取得しております。当院では特にインプラント治療に力を入れています。

当院の患者さんの中には、入れ歯を作ってはみたものの、使うときに「噛むのが困難」「痛みを感じる」「なじめない」といった悩みを持ち、「やっぱりインプラントにしてみたい」を考えている方が一定数いらっしゃいます。そのような方々は、元々入れ歯を使用していたけれども、インプラントへ変更することができるのでしょうか?

今回のブログでは、入れ歯からインプラントへの移行に際しての利点・欠点、治療の過程、そして留意すべき点を詳しく説明します‼️

入れ歯からインプラントへの変更は可能なのか?

入れ歯の治療を受けた後からでも、インプラントへ変えることは可能です。ちなみに歯の失った部分を補うための治療法は、入れ歯、インプラント、ブリッジの三つがあります。

歯を失ってしまった場合、「ブリッジを取り付けるために隣の歯を削ることを避けたい」という理由から、入れ歯とインプラントのどちらを選ぶかで迷う方が多いです。それに加えて、手術が必要なインプラントは強い抵抗感を持たれることが多く、入れ歯を選択する方もいらっしゃいます。

最初に入れ歯の治療を選ぶことで、後からインプラントやブリッジへの移行が可能という利点もあります。もし治療法に迷っているなら、「まずは入れ歯を試してみてください」と、歯科医師から提案されることもあるでしょう。実際に入れ歯を作り、それが自分に合うならそのまま続ければよく、逆に「入れ歯が合わないから他の治療法に変えたい」という場合も対応できます。

「入れ歯からインプラントにしたい」という方のために、入れ歯・インプラント・ブリッジそれぞれの特性を解説します。

入れ歯とは何か?

入れ歯とは、欠損した歯を取り外せる人工歯で補う治療法です。

入れ歯は「部分入れ歯」と「総入れ歯」の二つに分けられます。「部分入れ歯」は一部の歯が失われた場合、「総入れ歯」は全ての歯が失われた場合にそれぞれ適用されます。また、入れ歯には保険適用のものと自由診療のものがあり、それぞれの素材や特性が異なります。

現在、入れ歯を使用していて、「インプラントにすべきだった…」と考えている方や、持病などの問題でインプラント治療を受けられない方もいます。そのような場合は入れ歯の種類を変えるだけで問題が解決することもあります。

入れ歯にはさまざまな素材による選択肢があるため、インプラント以外にも満足できる可能性があることを知っておくことが重要です。また、入れ歯を作製した後でも、インプラントやブリッジへの治療の移行が可能です。

金属製の入れ歯

・土台の部分は金属で成型されています。

・見た目は通常の入れ歯と違いがなく、金属部分は目立ちません。

・金属製なので耐久性があり、破損しにくい特性を持ちます。

・高い強度のため、入れ歯を薄く作れ、違和感を少なくすることが可能です。

・金属は温度が伝わりやすいため、食事中に熱い食べ物や冷たい飲み物を感じながら味わうことができます。(樹脂のみの入れ歯では食べ物の温度が伝わりにくく、その分食事の楽しみは少なくなってしまいます)

・治療費はそれなりに高くなります。

・修理がしづらい場合もあります。

インプラント治療について

インプラント治療とは、歯が失われた部分の顎骨にスクリュー状の「インプラント体」を埋め込み、その上に人工の歯を装着する方法を指します。

この治療は手術が必要であるため、一部の方々にとっては恐怖心を感じるかもしれません。しかし、最大の特徴は周囲の健全な歯に負担をかけることなく、より自然に近い形で歯を補うことができる点です。また、治療後の外見や機能が自分の元々の歯とほぼ同じという利点も大きいです。骨の量が不十分な場合には、「骨造成」という骨を増やす手術が必要になることがあります。

複数の歯が失われている場合でも、埋め込んだインプラントを基礎にして、ブリッジや入れ歯を装着することが可能です。

ブリッジ治療について

ブリッジとは、失われた歯の隣の歯を削り、数本まとまった差し歯を作って装着することで、歯を補う治療法です。

この治療法は比較的早く完了し、入れ歯のような違和感がなく歯を補うことができるという利点があります。しかし、健康な隣接歯を削る必要があることが欠点であり、一度削った歯は元に戻すことができません。つまり、後からインプラントや入れ歯に変更したとしても、削ってしまった歯は戻ってきません。さらに、基礎となる隣の歯に負担がかかるため、その歯が将来的に痛みを起こすリスクも増えます。

ブリッジの治療費は保険適用では比較的低価格ですが、セラミックなどの素材を選んだ場合の自由診療では、インプラント治療の費用とほとんど変わらない場合もあります。ブリッジ治療を受ける前に、他の治療法の特性も理解しておくことが重要です。

【入れ歯からインプラントへの変更のメリット】

以下の7つの要素が、入れ歯からインプラントへの変更のメリットを特徴付けています。

見栄えが自然で美麗

噛む感覚が良好

不自然な感覚が少ない

耐久性が高く、10年以上の使用を多くの人が報告

他の歯への負担が軽減

話すことが容易

入れ歯の管理が不要

入れ歯からインプラントへの変更における主要な利点は、治療後の歯が自身の元々の歯と同様に使えることです。特に、「入れ歯による違和感がある」「入れ歯が合わず、十分に噛むことができない」「話すのが難しい」と感じている方々は、インプラントへの変更により大いなる満足度を体感できるでしょう。

【入れ歯からインプラントへの変更のデメリット】

一方で、入れ歯からインプラントへの変更には、下記の4つのデメリットがあります。

治療費が高額

手術が必要となる

持病や現在の健康状態により、インプラント治療が適用できない場合がある

治療期間が長くなる

インプラントの費用は、埋め込む数により大きく変動します。そのため、予めきちんとした予算計画を立てておくことが重要です。欠損部分が広範囲に及ぶ場合、インプラントとブリッジを組み合わせた治療や、インプラントと入れ歯を併用した治療を選択し、インプラントの数を減らすことが可能です。

インプラント治療は基本的に他の歯への負荷を避けられますが、適切な噛み合わせの調整が行われない場合、噛み合う歯にダメージを与える可能性があります。したがって、インプラント治療の成功は歯科医師の技術と知識が両方必要な重要な治療方法です。信頼性のある実績を持つ歯科医院を選ぶことが重要です。

インプラントへの切り替え:注意するポイント

入れ歯からインプラントへと切り替えることは多くの利点を持つ一方で、慎重になるべきポイントもいくつか存在します。

長期間適合しない入れ歯を使い続けると、歯茎に過剰な圧力がかかり、結果として骨が減少する可能性があります。骨が十分にない状態では、インプラントの手術がより難しくなり、「骨造成」(骨を増やす手術)が必要となることもあります。これは治療費用を上昇させ、また治療期間を長くする要因となります。さらに、部分入れ歯の使用により、入れ歯のバネ部分にストレスがかかる歯が過度の負担を受けている可能性があり、そのような歯の治療も必要となる場合があります。

入れ歯からインプラントへの変更は、一度に行うことができる簡単なプロセスではありません。骨の状態、隣接する歯の状態、噛み合わせなどをきちんと評価することが必要です。また、インプラント治療を受けたら、定期的なメンテナンスが絶対に必要となります。

《まとめ》

以上のことを踏まえると、入れ歯からインプラントへの変更は十分に可能です。インプラントへの切り替えにより、見た目が自然になり、噛む力が改善し、手入れの手間が軽減されるなど、多くの利益が得られます。しかし、手術が必要であること、治療費用が増えることなどのデメリットも考慮しなければなりません。さらに、入れ歯からインプラントへ切り替える際には、既に骨が減少している可能性があるため、注意が必要です。骨が不足している場合、「骨造成」が必要となり、骨が極端に不足している場合は、インプラント治療自体が難しいとなることもあります。

「入れ歯からインプラントへかえたいと少しでもお考えであれば、早期に歯科医師と相談し、骨の状態などを評価してもらうことが重要です。

さいたま新都心ミタス歯科では、患者様が安心してインプラント治療を受けられるよう、安全性に重きを置いて治療を行っています。これまでに多数の症例を扱ってきた実績もございますので、治療方法や費用についてのご相談はお気軽にお問合せ下さい。

ミタス歯科の無料インプラント相談について

https://mitasushika.com/implantconsul/

ミタス歯科の無料インプラント症例について

https://mitasushika.com/medical/implant/case/

さいたま新都心ミタス歯科

日本口腔インプラント学会 認定インプラント専門医

院長  大島正充

健康なお母さんとお子さんのお口の中を目指して🤱🏻✨

こんにちは🍉さいたま新都心駅近くにあるさいたま新都心ミタス歯科🦷院長の大島です。今回は、マタニティ歯科についてお話しさせていただきます🤰🏻

〜虫歯予防は妊娠中のお腹の中からスタートする〜

お母さんとお子さんのお口の健康は、密接に連携しています。新生児の口は、無菌に近い状態で細菌はほとんど存在しません。虫歯は最も広範囲に影響を及ぼす感染症の一つとされており、この段階でスキンシップや大人からの食事の共有、食器の共有などにより虫歯菌がお子さんに移行する可能性があります。一度虫歯菌が定着すると、虫歯になるリスクが増加します。また、妊娠中に母親が歯周病に罹患していると、虫歯菌が血流を通じて全身に広がり、早産や流産、低体重児のリスクが高まります。母親の安全な出産と子供の口腔の健康を保つために、できるだけ早く、妊娠前や妊娠中から行動を開始できると良いでしょう。

虫歯のリスク管理は「マイナス1歳」からの虫歯予防から始まります。若い年齢で虫歯になると、その口腔内環境が成人になるまで維持され、大人でも虫歯になりやすい状態となるとの研究結果があります。そのため、私たちは母親の口腔の健康だけでなく、子供の口腔の健康のためにも、生まれる前から始まる「マイナス1歳」の虫歯予防が重要だと考えています。両親をはじめお子さんに関わるすべての人々の口腔も健康に保つことで、身近な大人からお子さんへの虫歯菌の感染リスクを減らすことを目指しています。

妊娠中に起こりやすいお口の問題は以下の通りです。妊娠中はホルモンバランスが変わり、つわりや嘔吐、味覚の変化により、妊婦さんのお口は特有の問題が発生しやすい環境となります。

1)歯肉の腫れ、歯肉炎

これらは妊娠中に最も多く見られる問題で、出産後には通常に戻ります。妊娠前よりも口腔ケアに気をつけましょう。お口のケアが自己管理で難しいと感じた場合は、私たちがお手伝いします。ご質問は随時受け付けております。遠慮なくご相談ください。

2)虫歯・歯周病

つわりが重く、適切な歯磨きができない場合や、嘔吐による胃酸で歯の表面が溶けてしまい、虫歯や歯周病のリスクが高まることがあります。つわりが重くて歯磨きが困難な場合は、無理をせず、こまめにうがいをして口腔内の汚れを洗い流しましょう。フッ素入りの洗口剤を使用すると、うがいの効果が向上します。つわりが落ち着いたら、通常の歯磨きをして口腔を清潔に保つようにしましょう。

理想的な歯科治療のタイミングと注意事項

妊娠中の歯科治疗は、妊娠中期(5-7ヶ月、16-27周)が理想的です。妊娠が判明したら、将来の赤ちゃんとお母さんの健康のためにも、定期的に歯科検診を受けるよう心がけてください。妊娠初期4ヶ月(15週)までは、処方できる薬が限られ、特に鎮痛薬や抗生物質は、胎盤を通じて赤ちゃんに影響を与える可能性があります。

安定期(妊娠5〜7ヶ月)は通常のむし歯や歯周病の治療、薬の処方、レントゲン撮影などが可能です。妊娠後期(8ヶ月、28週以降)や出産後は、大きなお腹や育児のため、治療の機会を逸してしまうことが多くなります。そのため、虫歯や歯周病の治療、口腔内のクリーニングは、安定期に行うのが最適です。たとえ痛みや自覚症状がなくても、定期検診を受けることをお勧めします。これも赤ちゃんを迎える準備の一環です。

歯科受診時の注意事項

1)母子健康手帳をおもちください。

2)産婦人科の主治医からの指示がある場合、それがどんなに些細なことであっても、必ず歯科医師やスタッフに伝えてください。

3)体調不良や気分が悪くなった場合、無理せずすぐにスタッフにお知らせください。私たちは診療ができるだけリラックスした状態で行われるように配慮します。

よくある質問とその答え

Q

1)歯科レントゲンは赤ちゃんに影響しますか?

A

歯科レントゲンは口元に限定して撮影されます。赤ちゃんがいる腹部からは離れており、範囲も狭いため、一般的なレントゲンよりも被曝量が大幅に少なくなります。さらに、デジタル化された現代の技術では、従来の線量のごく一部で撮影できます。撮影時には、エックス線から身を守る防護用エプロンを着用していただきますので、赤ちゃんとお母さんへの影響は非常に小さいです。

Q

2)処方された薬は大丈夫ですか?

A

当院では、妊婦さんへの処方は極力控えています。しかし、絶対に薬が必要な場合は、産婦人科医との協議の上、妊娠の段階、状態、体調などを考慮し、安全と判断された薬を必要最低限の期間と量だけ処方します。また、妊娠中に他の医療機関で処方された薬の服用については、まずは産婦人科医に相談することをお勧めします。

Q

3)妊娠中の麻酔は赤ちゃんに影響しますか?

A

当院では、妊婦さんへの処方は極力控えています。しかし、絶対に薬が必要な場合は、産婦人科医と相談の上、妊娠の段階、状態、体調などを考慮し、安全と判断された薬を必要最低限の期間と量だけ処方します。また、妊娠前に他の医療機関で処方された薬の服用については、まずは産婦人科医に相談することをお勧めします。

Q

3)妊娠中に受ける麻酔は、赤ちゃんに影響を及ぼしますか?

A

歯科治療で使用するのは局所麻酔であり、効果は特定の部位に限定されます。そのため、一般的に用いられる量では、母子双方に影響を及ぼすことはありません。治療中の痛みを抑えるため、ストレスを感じることなく治療を受けることが重要です。痛みを感じる場合は、すぐにスタッフにお知らせください。

麻酔薬は、尿や汗から排出させるのでご安心ください

Q

4)授乳期間中ですが、薬剤やレントゲンが母乳に影響を与えますか?

A

一般的な歯科治療、レントゲン撮影、麻酔などは、母体はもちろん、母乳に対してもほとんど影響を与えません。また、必要な最小限の薬量と期間だけを用いるため、安心して治療を受けていただけます。

さいたま新都心ミタス歯科は、さいたま市妊婦歯科健康診査実施医療機関です。

さいたま市に住所を有する妊婦の方は、妊娠中に1回・無料で健診を行えます。

【お持ち物】①母子健康手帳交付時にいただく妊婦歯科健康診査票(みどりの用紙)②母子健康手帳③保険証

ご希望の方は、お電話にてご予約承ります☎️✨

さいたま新都心ミタス歯科

〒330-0071 埼玉県さいたま市浦和区上木崎2丁目5-2/TEL : 048-822-8500/JR京浜東北線与野駅より徒歩5分/JR京浜東北線さいたま新都心駅より徒歩9分/駐車場3台完備、駐輪スペースあり/ロイヤルホスト与野店そば