2周年記念と妊婦さんの検診🤰🏻

おかげさまで、2月に2周年を迎えることができました🎉
通っていただいた患者さんと
一人もやめることなく働いてくれるスタッフみんなに感謝申し上げます🙇🏻‍♂️✨

ブログではお久しぶりです😊
さいたま新都心ミタス歯科の院長大島です。
今日は、妊婦さんの検診の必要性について、お話ししていきますね。
先ず、なぜ、妊娠したら歯科の検診を受けなくてはいけないのか。

まだ自分は若いから、歯のトラブルなんて今までなかったから、関係なさそう。検診なんて緊張するし、行きたくない。
という方も多いのでは?と思います。
ところが、妊娠と歯周病は、非常に関係しています。
妊娠すると、女性ホルモンが増えます。
そして歯周病菌は、女性ホルモンが大好物です
お口の中に、歯周病菌が増えると免疫バランスが崩れます。
そうすると、血液の中に、サイトカインという物質が過剰に放出されるのです。
このサイトカインという物質、歯周病を進行させ、なんと!サイトカインの血中濃度が高くなると
「子宮を収縮させてやれ!」
という指令を脳にだします。
怖いですね

歯周病を放置させると
⓵早産しやすい
⓶低体重児が生まれやすい
のリスクがありますが、これがわかりやすく言うと、
タバコの5倍ほどのリスクだそうです。

虫歯も、つわりで歯が磨けず進行してしまうと、赤ちゃんが産まれてからでは、受診するのは難しくなると思いますので、妊娠中に検査しておきましょう。
つわりが辛い方もいらっしゃると思いますので、ご無理なさらず、
つわりがおさまってきた方から早めに受診してくださいね。

万が一、妊娠中に治療をする事になったとして、どうしてもレントゲンを撮らなくてはいけなくなったら。
きちんと防護エプロンもしますし(こちらは誰にでもしますが)
歯科のレントゲンの被曝量は、線量としてわずか、しかもお口にしかあてませんので、ご安心ください。

麻酔も、基本的には心配いりませんが、どうしてもの時だけ使用いたします。
歯科にかかって、いろいろな薬の成分や、仮の詰め物などを飲み込んでしまう心配もあるかと思いますが、お腹の赤ちゃんに到達するまでにはほとんどがお母さんの体内で代謝されてしまいますので、ご心配なさらないでくださいね。

もしも、治療の際に、内服薬を使わなくてはいけなくなったら。
お腹の赤ちゃんに安全なお薬をお出しいたします。

妊娠中の歯科検診は、思った以上に大切だという事がおわかりいただけましたでしょうか。
当院では、感染対策を万全にし、お待ちしておりますので、安心して受診ください。

それでは、3年目のミタス歯科も、ご期待ください。

さいたま新都心ミタス歯科
院長大島正充

330-0071 埼玉県さいたま市浦和区上木崎2丁目5-2/TEL : 048-822-8500/JR京浜東北線与野駅より徒歩5/JR京浜東北線さいたま新都心駅より徒歩9/駐車場3台完備、駐輪スペースあり/ロイヤルホスト与野店そば

🎊おかげさまで開院1周年です🎊

さいたま新都心ミタス歯科🦷院長の大島正充です。

おかげさまで本日2月1日さいたま新都心ミタス歯科は、1周年を迎えることができました✨

通ってくださる患者様、一緒に頑張ってくれているスタッフに本当に心から感謝申し上げます。

僕は、インプラントの専門医として

インプラントの学会・矯正治療のコース・麻酔科の学会・歯周病学会、様々に勉強してきました。

今年も新たな気持ちで、歯周病とインプラントを学ぼうと新たな勉強会に参加してきます‼️

ますます良い医療が届けられること、自信をもって毎日診療していきますので今後のミタス歯科に期待していてくださいね。

皆さまの心と身体を充たす歯科医院であるために、日々邁進いたします。

さいたま新都心ミタス歯科  院長   大島正充

330-0071 埼玉県さいたま市浦和区上木崎2丁目5-2/TEL : 048-822-8500/JR京浜東北線与野駅より徒歩5/JR京浜東北線さいたま新都心駅より徒歩9/駐車場3台完備、駐輪スペースあり/ロイヤルホスト与野店そば

♦️年末のご挨拶♦️

みなさんこんにちは😃

さいたま新都心ミタス歯科🦷院長の大島です。

今年の2月1日に開院し、無事に年末を迎えることができました。

色々な方に支えられて、沢山の患者様に出会い本当に充実していました。

ご来院いただいた患者様、スタッフ、業者の方々…皆様に深く感謝申し上げます。

来年もより一層、充実した医療を皆様に提供したいと思っております。

ミタス歯科が、皆様のお口の安心と助けになりますように★

さいたま新都心ミタス歯科    院長 大島正充

さいたま新都心ミタス歯科

330-0071 埼玉県さいたま市浦和区上木崎2丁目5-2/TEL : 048-822-8500/JR京浜東北線与野駅より徒歩5/JR京浜東北線さいたま新都心駅より徒歩9/駐車場3台完備、駐輪スペースあり/ロイヤルホスト与野店そば

麻酔の秘密!?

こんにちは。院長の大島です。

ミタスブログの今回のコラムを担当します。

今回は麻酔についてです。

みなさん麻酔は誰が打っても同じではないことをご存知でしょうか?

・痛くない麻酔

・効く麻酔

・効かない麻酔

みなさん、どうせ麻酔をするなら痛くなくて効く麻酔の方がいいですよね。

僕は、その点には自信があり出来るだけ打つ時に痛くなく、そして効く麻酔を研究し配慮して打ってます。

たまに患者様から効きすぎて、全然きれなかったと苦言をいただいたりもします(笑)その場合、次は効くのが短い時間の液に変えます。

麻酔の中には、心臓をドキドキさせる成分が入ってます。

みなさん心当たりはありますか?

そのドキドキも、麻酔を痛く打たれると一層ドキドキし、不安もより高まります。効くだけではなく、痛くないという事は重要な事だと僕は思っています。

と、もっともっと麻酔についてお話したいことがありますので2回目のコラムの依頼がありましたら(好評だったらあります)またお話しさせていただきます。